TOP 金網販売 金網について 金網加工品 目的別 よくある質問 会社案内
金網販売
・ステンレス平織・綾織金網
・亜鉛メッキ鉄線平織金網
・ビニール被覆平織金網
・真鍮平織金網
・銅平織金網
・ニップ網
・溶接金網(G3551)
・ファインメッシュ金網
・クリンプ金網(G3553)
・フラットトップ金網
・亀甲金網(G3554)
・ステンレス防虫金網
・畳織金網
・ひし形金網(G3552)
・エキスパンドメタル(G3351)
・アートメタル
特注パンチングメタル
・金網 メッシュについて
・金網加工について
金網サンプル送付
金網加工品
・金網バスケット
・金網フィルタ-
・枠付金網
・金網張替加工
・金網寸法カット
・パンチングメタル加工
・その他金網加工
・板金・金網加工品
目的別
・JIS試験ふるい
・底網取替ふるい
・木枠ふるい
・特注ふるい
・振動ふるい
・じょうご
・鳥獣被害対策用金網
・インテリア用の金網
・自動車用グリルネット
・電磁波遮蔽実験
・線材加工
・緑化用金網
・金網製品使用例
・ゴミステーション
・ウッドフェンス
会社案内
・AMICHUについて
・お問い合わせ
・サイトマップ
新規お取引について
よくある質問

電磁波遮蔽実験
近年、パソコンや携帯電話,デジタル機器の急速な普及によるIT化が進み、それによる電子機器の誤動作が起こる問題が発生しています。弊社でも電磁波シールドを目的として、金網をご購入されるお客様がいらっしゃいます。最近では、高速道路料金所のETCに電波障害防止用に金網が使用されています。弊社では、2種類の金網を使ってシールド効果について実験してみました。使用しました金網は、ステンレス製ファインメッシュ金網(FM)、線径1.2mmx3メッシュ(開き目7.27mm目)ステンレス製平織り金網 線径0.57mmx10メッシュ(開き目1.97mm目)の2種類です。実験方法は、KEC法と呼ばれる、板状の試験体を基板に取付けて測定する方法です。

実験装置
ファインメッシュ金網
線径1.2mmx3メッシュ
平織り金網 
線径0.57mmx10メッシュ

試験項目 電磁波遮蔽率測定(KEC法)
使用機器 スペクトラムアナライザR3361C(アドバンテスト)
RFプリアンプMH-648A(アンリツ)
RFアンプ8347A(HP)
シールド効果測定治具MA8602B(アンリツ)
測定方法 KEC法(電界)100kHz〜1GHz
使用金網 SUSファインメッシュ金網 線径1.2mmx3メッシュ(開き目7.27mm目)
SUS平織り金網 線径0.57mmx10メッシュ(開き目1.97mm目)
測定日 2006年8月4日 
温度 25℃
湿度 56%
気圧 1001hPa
試験場所 大阪府立産業技術総合研究所


実験結果から
金網使用することにより、電磁波遮蔽(防止)できることは実験からもわかりました。2種類の金網を比較してみると、開き目が細かい10メッシュの方が、シールド効果がありました。(上記表参照)しかし、目の細かい金網は、開口率が低く、美観、通気性の問題がありますので、お客様の使用目的によって選定頂きますようお願いします。
上記実験結果は、弊社が大阪府立産業技術総合研究所に依頼したものです。
データの無断転用はご遠慮下さいますようお願いします。また
金網を使用したシールド効果は、環境によって変わりますので、実際に使用される場合は、お客様にて実験して頂きますようお願いします。


TOP | 金網販売 | 金網について | 金網加工品 | 目的別 | よくある質問 | 会社案内 | お問い合わせ
網忠金網 株式会社 〒532-0035 大阪市淀川区三津屋南3-21-53 TEL06-6308-3901 FAX06-6308-2635  e-mail info@amichu.com